• ホーム
  • 早漏と性病の因果関係とプリリジーで早漏改善改善

早漏と性病の因果関係とプリリジーで早漏改善改善

2019年12月20日

性病だから早漏になるといったわけではありません。
因果関係はあまりないのですが、強いて言えば早漏の人は、性病に罹りやすいとは言えるでしょう。
包茎の男性が早漏になりやすいという統計があります。
この理由は、普段から剥けていないからその分勃起したときに亀頭が露出し刺激を受けやすくなります。
包茎すべての人が早漏になるというわけではなく、なりやすいといったデータです。
包茎の人は性病になりやすいと言われており、よく洗うことが推奨されています。

包茎は手術を受けることで解決しますが、その手術が確実に早漏を治すのかといえばそうではありませんので、改善する保障はありません。
早漏の改善改善を目指すのであれば、プリリジーという医薬品がおすすめです。
このプリリジーを性行為の1時間前に服用することで、射精までの時間が延びます。
服用するだけの医薬品になりますので、以前からあった男性器に医薬品を塗るといった方法で改善改善を図らなくて良いですので、プリリジーは手軽な改善方法になるでしょう。

このプリリジーは脳内の興奮物質を抑えることで射精を遅らせています。
早漏の男性は、脳内の興奮を抑える物質であるセロトニンが少ないことで、興奮に耐え切れずに射精してしまうと言われています。
そのセロトニンを増やす効果がこのプリリジーになり、改善改善の道を歩むことができるのです。

すべての男性に効果がある医薬品ではなく、効果を感じやすいという医薬品です。
また早漏の根幹を治すといった医薬品ではなく、この医薬品に頼らなければ、早漏を改善できないといったことも起きるでしょう。
それほど早漏の改善は難しいですので、うまく付き合っていくことをおすすめします。